セカンド『オタク』ライフ

暇を持て余すくらいならオッサンもオタカツしようぜ!的なブログ

ドラクエという名の使命感

ドラクエは日本のお祭り

今日はドラクエ11発売日です。

とくに今回は夏の発売ということもあって、楽しいお祭りのような感じがします。

私のようなオッサンも周りの若い人たちと、ドラクエの話題で盛り上がったりして、年齢や性別の関係なく楽しめる文化にまでなりました。

ドラクエ好きだからオタクなんてことは、もういわれない時代。

踊るアホぉに見るアホぉ、同じアホなら踊らなにゃ損損!といわれるように、お祭りは理屈抜きで全員参加させられる引力のようなものがあり、そこに人が共同体で生きるための内側から湧き出てくる謎のポジティブな意志のような使命感のようなものを感じます。

 

買うべきか、買わざるべきか

私にとってドラクエは、発売されるなら『やる!』というものであって、そこにはなんの疑いも迷いも入り込む余地はありません。

買う!、買わない…、やる!、やらない…などというくだらない迷いから解放された真に自由な精神によって取り組むもの、それがドラクエなのです。

ドラクエ10はオンラインゲームで『やれない』状況にあったので、いちドラクエファンとしては大変くやしい思いをしたのですが、ようやく新作のドラクエを楽しめる日が来たのです。

 

買うべきか、買わざるべきか part2

 今回のドラクエ3DSとPS4の二本立てです。

しかも、グラフィックだけでなく、内容もゲーム機の特性に合わせて違うようなのです。

ドラクエファンとしては、ぜったいに両方押さえておきたいところです。

しかし、ドラクエ10をプレイしてないことからお分かりだとは思いますが、私はPS4を持っておりません。

ちなみにウチの奥さんはゲームに関して、まったく理解がありません。

暇があれば家事手伝いを要求、趣味のものを買えばお小遣い削減を要求するという搾取する側の人間です。

そんな人間の前でPS4を購入しプレイしたりできるでしょうか、いや、できるはずがありません。

あのデカいゲーム機を妻の目から隠すには、四次元ポケットかステッキー・フィンガーズを使うしかないのですが、あいにく猫型ロボットやイタリアのマフィアに知り合いはいません。

ドラクエ11を買った日に、ドラクエ11を買っていないというこのパラドックス

私と同じ気持ちを抱えたお父さん勇者が世の中には結構いると思います。

絶対いるはずです。いや、いてほしい!w

 

ドラクエは文化

ドラクエ1が高校時代だったいう私にとっては、ゲーム好き=オタクというレッテルはできるだけ回避したいことでした。

なぜなら、オタクはモテないからです。

バレていなくてもモテないのに、バレたら大変なことになると当時は考えていました。

しかし、ドラクエが3で社会現象にまでなり、一般化する以前に私はドラクエってひょっとしてして、オタク向けではないのでは?と思っていました。

それは、すぎやまこういち大先生が音楽を担当していたからです。

鳥山明先生のモンスターデザインはもちろんポップで洗練されていて、いままでにないオシャレ感があり、メチャクチャかっこよかったのですが、そういうものに教養のない人から見れば、アラレちゃんの作者の人がデザインしている…くらいのノリでした。

しかし、すぎやま先生は一般の人にも知られる数々の名曲を生み出してきた大御所。

しかも、画期的ともいえるRPGクラシック音楽を持ち込み見事に融合させた天才的センス。

学校の音楽の授業に取り入れても、まったく問題ない…いやむしろ学ぶべき!的な重厚で壮大なスケールの洗練された音楽。

誰が聞いてもゲーム音楽とは絶対に思わない。

パンツじゃないから恥ずかしくないもん!ではなく、音楽がすぎやまこういちだからオタクじゃないもん!的なことは当時すごく感じていました。

個人的には『すぎやまこういちの音楽』だからこそ、ドラクエが市民権を得た!という気持ちもあります。

 ドラクエ1発売から三十年。

ドラクエのオープニングは誰が聞いてもドラクエのオープニングとわかるようになりました。

最近、雑誌インタビューなどでお姿を拝見すると、ずいぶんとお年を召された気もしますが、いつまでも元気で第一線で活躍していただきたいと心から願います。

すぎやま先生、ありがとう!

 

思い出話に浸っている間にいい時間になりました。

いまから、ドラクエ11を買いに行きます!

3DSのコスパの高さについて

いかにゲームにかけるお金を低く抑えて楽しむか?ということを考えると、何百時間でも遊べるお気に入りのゲームがひとつあればいいのですが、そうでもない場合はどういう選択肢があるのか…という話なのですが。

 

最近はスマホなのどの基本無料のゲームアプリが相当数あるので、そちらで十分間に合いますが、操作性やスキマ時間で遊べる工夫のためか、個人的にあまり本格的にのめり込めなかったりします。

当たり前の話ですが、所詮スマホは電話なのでゲーム機と同等のものを求めるのはちょっと無理がある話です。

いつでもどこでも気軽にゲームを楽しむということを考えるとやはり携帯ゲーム機に軍配が上がります。

 

最近、小学低学年の娘に専用の3DSを与えたところ、無料ゲームや体験版を片っ端からダウンロードでプレイするようになりました。

これまで私もそういうサービスがあるというのは当然知っていましたが、興味のあるゲームは購入するし、興味のないゲームはそもそもやらないと決めているので、あまり縁がなかったのです。

傍らで見ていると、ペットや料理、電車に狩猟、パズルにアクションと様々なジャンルをああでもないこうでもないと言いながら楽しそうにプレイしているのです。

私も自称ゲーマーといいながら、私も随分と偏ったプレイになっていたんだなぁ…と少し反省しました。

 

調べてみると無料ゲーム配信にとどまらず、追加のクエストの配信など3DSにはお金をかけずにずっとゲーム楽しめる工夫がかなりあることに気が付きました。

ゲームソフトを購入しなくても、本体だけでもかなりのゲームを遊べるということでは3DSはかなりコスパの高いいいゲーム機ですね。

ミニマリストゲーマーとは何か

ミニマリストという言葉を耳にすることがありますが、その定義は人により意外とあいまいで幅が広く、同じミニマリストといっても流派のようなものが存在します。

生活の質を向上させるための選択と集中をどれくらいのレベルで行うか?という個人差がその幅を生んでいるようです。

ただ、生活の質の向上という点においては共通しており、それをゲームという趣味に置き換えれば、どういうあり方が理想的なのかをこのブログでは考えていきたいと思います。

 

学生や独身であれば、比較的自由に時間やお金を使えるので一日に8時間くらい複数のゲームを楽しめる人もいると思いますが、家庭を持つとなかなか自分だけの時間を持つのが難しく、お金の面でも自由度はかなり低くなります。

いつかやるだろうくらいの感覚で気に入ったゲームをいくつも買い込みやらずに積んでおくなんてことは夢のまた夢です。

若いころにゲームをやり込んで楽しんでいたのに、自由が減っていしまい、せっかくの趣味を手放した人も多いのではないでしょうか。

 

ゲームはエンターテイメントとしては非常にコストパフォーマンスに優れています。しかも、高齢になっても楽しめる一生を通じた娯楽でもあります。

十二分に満足するほどできなくなってもうまくつき合っていく方法はあると思います。

そのための『選択と集中』であり、ミニマリスト的な発想が重要です。

分かりやすくいうと、ゲームをプレイするための縛りプレイです。

 

もちろん、十二分にプレイできなければやる価値がない!という方に強制するものでもありません。

ミニマリストゲーマーとは、あくまでも時間やお金が制限される中で趣味としてゲームとどうつき合っていくか?という選択肢のひとつであり、ゲームライフの質の向上を考え続けている人だと考えてもらえればいいと思います。

【コラム】ゲームソフトよりも追加コンテンツの方が高い件について

これはいかがなものか…と。

私がいかがなものか!といったところで、世の中が変わるわけでもないのですが。

 

先日、予約していたファイアーエムブレム・エコーズを買いに行ったら、その隣で追加コンテンツが1~3弾セットで4,800円(税込)です!って堂々と売られていたのですが、本体より高いじゃん!と思ったわけですよ。

 

昔、プリンターって意外と安いな~と思って買ったら、交換のカートリッジが結構高くて『これが大人の世界かっ!?』と思い知ったのですが、あの商法です。

 

追加はあくまでもより楽しむためのオマケで、本編だけでも十分楽しめます!的なことをメーカーはいうと思うんですが、その見れないってところが罠で、雑誌の袋とじと同じで見たら『ふ~ん』みたいなものだとわかっていても、ついつい開けてしまう、そして見た結果やっぱり『ふ~ん』ってなるんですが、変な納得感があるっていうアレですよ。

 

ファンには絶対嬉しい内容だというのはわかるのですが、私のようなにわかファンにとっては、楽しみの一部を削られているような気がします。

とはいえ、ソフトまで買ったら絶対に買うんですけどね…

本編より高いなら本編以上に楽しませてくれないと腹立ちますが、それだと本編はなんやってん!みたいなことにもなるしで、まあなんせ、追加は安くてくれるとありがたいです。

 

ちなみに値引きの入ってないソフトのメーカー希望小売価格は、追加コンテンツより高いのですが、それでも数百円くらいの差です。まあ、言ってもしゃーないですが。

【HMXX】ディノバルド、撃破!

※現在、片手剣エリアルで村6攻略中。

ようやく、≪ディノバルド≫を撃破できました。

コツコツとレウスシリーズの防具を強化し、剣も属性無視の火力重視で挑んで尻尾もなんとか切れました。

おそらく落ち着いて、五十分かけて倒すぞ!くらいの余裕をもってやれば、前の装備でも倒せなくはなかったと思うのですが、基本的に斬りに行きたい人なので難しいです。

しかし、今回は装備を充実させて、心持ゆとりをもって挑んだ結果、なんというか相手の動きが読める読めるw

あれだけ厳しく思えた≪ディノバルド≫の猛攻が余裕で交わせますから。

『急いては事を仕損じる』といいますが、まさにその通り。モンハンから学べることはいろいろありますね。

そして、次はいよいよ村6のキークエスト攻略に向かいます。

 

■大目標:村キークエ完全制覇

■中目標:村☆6 キークエスト制覇

■小目標:≪黒き衣を纏う竜≫ 攻略

【HMXX】コツコツ尻尾切り

※片手剣エリアルで冒険中です。現在、村5在住。

■大目標:村キークエ完全制覇

■中目標:緊急クエスト 村☆6≪灼熱の刃≫ 突破

■小目標:武器≪デュアルカラベイスLv2≫、防具≪レウスシリーズ≫ 完成

 

■本日の調査対象クエスト

一回目≪ショウグンギザミ≫、二回目≪イャンガルルガ

この二匹はなんだかんだいっても動きが読みやすいのでいいですね。ガルルガシリーズも耳栓のスキルがあるので作れば役立つ場面は多そう。

■村☆5≪翠玉の閃電≫

≪電竜の鋏尾≫狙いでライゼクスの尻尾狩りです。生態系を破壊する恐れのあるライゼクスを絶滅するくらい狩ってるような気もするのですが…。最初は面食らったコイツも余裕の立ち回りができるようになりました。明日、狩ったら終わりの予定。

【HMXX】ディノバルド、やっぱり強すぎ!

※片手剣エリアルで冒険中です。現在、村5在住。

■大目標:村キークエ完全制覇 

■中目標:緊急クエスト 村☆6≪灼熱の刃≫ 突破

■小目標:武器≪デュアルカラベイスLv2≫、防具≪レウスシリーズ≫ 完成

 

■本日の調査対象クエスト

一回目≪ウラガンキン≫、二回目≪ドスランポス

ウラガンキン、強い!やはり火属性耐性がある防具を作らないとどうしようもない気がする。

にしても、ドスランポス出現率高すぎw

 

■緊急クエスト 村☆6≪灼熱の刃≫

淡い期待を込めた二度目のチャレンジで足を引きずらせるところまではいきましたが、怒涛の攻撃ラッシュの前に三没。うまく立ち回れば倒せる気もしますが、ここはやはり≪レウスシリーズ≫を揃えた方がよさそう。