読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームは仕事

ゲームの備忘録的なものです。

パズドラで学ぶ目標設定

 どうやら、パズドラは今年で五周年らしいです。

 

パズル&ドラゴンズ、通称パズドラは誰でも簡単にできるパズルゲームにモンスターを育成するというRPG要素を足した誰もが知っているすばらしいゲーム。

 

今やブームという状態は過ぎ去り、もはやアプリゲームの定番となったパズドラは今後もファンをガッチリと捕まえて離さないのではないでしょうか。

 

そんなパズドラなのですが、私は一時引退していた時期がありました。

 

私は無課金プレイヤーなのですが、周りの課金しながら攻略している人たちのペースに合わそうと、無理してガンガンにプレイしていたときに、なかなか追いつけず嫌気がさしてやめてしまったのです。

 

冷静に考えると、ほしいモンスターがガチャで出るまで課金している人たちと同じ攻略ペースでプレイしようとすること自体が無茶なのですが、課金を絶対にしたくないという意地と後れをとりたくないという意地でかなりムキになっていたと思います。

 

しばらくして、ちょっとしたきっかけでパズドラを再開したのですが、いまは周りに競い合うような人がいないせいか、心穏やかにのんびり楽しみながらプレイしています。

 

なぜかというと、ゲームの目標が自分なりのペースになったからです。

 

今はこのモンスターを究極進化させよう!とか、このダンジョンを無理のないランクで回ってモンスターを集めよう!とか、モチベーションが継続しやすい難易度を自分で調節して回っています。

 

これは人生にも言えることで、他人との比較で生きていくのは精神的に非常につらいことが多いのですが、自分なりの目標を見つけて努力していると周りの目が気にならず、やりがいを持って挑戦していけるものです。

 

世間体を気にした大きな目標設定よりも、自分が無理せず挑戦できる目標設定は大事なことだと思います。